資金繰り・資金ショート・つなぎ資金・資金調達で困った場合にはファクタリング!

資金繰り・資金ショート・つなぎ資金・資金調達

・銀行から融資を断れた、借りられなかった方でも大丈夫
・カードローンやビジネスローンの審査に落ちた経営者資金調達手段
・赤字決算・債務超過税金滞納中、信用情報ブラックでもOK!

こんな方(法人)でも大丈夫!

10秒カンタン無料診断で可能な資金調達の詳細はこちら

資金繰り・資金ショート・つなぎ資金・資金調達の目次

資金繰りが苦しいときに真っ先にやるべきこととは?ファクタリングが便利

資金繰りが苦しい時に考えたいのがファクタリングです。

ファクタリングとは、売掛金の即時現金化のことです。

翌月入ってくる予定の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、その買取り金額が則入金されるといった関係です。

ファクタリングは、融資ではありませんから借入金ではありません

買い取ってもらった段階で、翌月入る予定の現金が手にいれることができます。

資金繰りに困っている企業にとっては手数料を払うことによって、回収のリスクはなくなります。

従前の手形を受け取って取り立てた場合には、不渡りがでた瞬間に不良債権を回収することが必要になってきます。

資金繰りに悩む企業にとって、入金までのタイムラグがなくなることはかけがえのないメリットになります。

また、ファクタリングの最大の特徴は、借金ではないということです。

通常は融資を申し込みますと、審査などで入金までに1か月以上かかります。

審査の対象は、企業の経営状況です。

aside type=”normal”]ファクタリングの審査の対象は、売掛先の経営内容です。[/aside]

融資を受けると、もちろん借入金は増加します。

ファクタリングにおいては、現金が増えますから財務内容も現金化と同時によくなります。

ファクタリングは、企業にとって融通の効く資金調達の方法だといえます。

売掛債権を売却するという普通にモノを売るのと同じ感覚で取引ができます。

一時的に資金繰りの苦しくなった会社にとって、売掛金が現金化できることはキャッシュフローを改善することに繋がります。

数か月導入しただけで目に見える改善によって、銀行の評価が元に戻ったケースもあります。

支払う手数料や割引料が高いことには十分な注意が必要となりますが、それでもメリットは極めて大きいと言えます。

資金繰りは経営の必須項目

資金繰りは経営の必須項目

資金繰りとは、会社や企業等が予定されている代金の支払いや回収の時期を見ながら、もし支払う現金が足りない時は、銀行等から借り入れを行い現金を調達をして資金不足を補ったり、また余っている場合は他の運用に回したりして、会社や企業の支払いをスムーズに行う事をいいます。

資金繰りはキャッシュフローとも言われ、会社や企業を経営していく上でとても大切な作業です。

これが上手くいかないと社員の給料も支払えなくなったり、会社が回らなくなったりして、最悪のケースでは倒産してしまう場合もありますので、そうならない為にも資金繰りをきちんと行う事は経営の必須項目です。

会社や企業が資金繰りを行うメリットは大きく分けて4つあります。

まず第1に、多くの会社や企業は銀行等から融資を受けて投資を行っています。

会社の資金繰りがスムーズだと、銀行もより大きな額の融資をしてくれて、その結果、会社もより大きな投資が出来るようになり事業規模を拡大できます。

第2に、資金繰りを行っていればお金の管理がきちんと出来るので、いざ支払いの時に現金が足りなくなり支払いが滞ってしまう事を防ぐ事ができます。

第3に、いくら会社が売り上げが好調で黒字でも、手元に現金がなく支払いが出来ないと、黒字経営でも倒産してしまうケースがあります。

しかし資金繰りをきちんと行っていればそのリスクも低くする事が出来ます。

第4に、相手先への債権の回収の遅れなどにも気づく事ができるというのも大きなメリットです。

資金繰り:利益があっても資金が足りない理由とは

資金繰り:利益があっても資金が足りない理由とは

 

企業は商品やサービスを顧客に提供することで、その対価として料金を受け取ります。

その1年間の総合計が売上高として損益計算書上に計上されることになります。

その売上高から人件費や材料費・高熱水費など、もろもろの経費を差し引き、税金を支払った残りが、企業の1年間の税引き後利益となります。

これを株式会社であれば、株主総会の承認を得て処分することになり、内部留保する場合もあれば、株主に配当することもあるのです。

ここで注意したいのは、利益イコール資金ではないということです。

企業は、財務諸表を作成する際、例えば減価償却費や貸倒引当金・退職給与引当金などの引当金を計上します。

これらは、実際の経費の支出を伴わないもので、いわば架空の支出と考えて差し支えありません。

したがって、資金繰りの点では、この分だけ余分に資金が存在するということになります。

これだけならよいのですが、逆の場合も存在します。

その代表例が売掛金です。

これは、販売したはいいが、未納となっている状態を指すもので、この分は資金がないことになります。

数字をあげて示せば、税引き後利益100万円、減価償却費等200万円、売掛金300万円だとすれば、決算期における資金は100+200-300=0ということで、資金繰り上は収支がトントンで、余裕資金が存在しないことになります。

さらに、この売掛金が完全に回収不能なものばかりだったなら、資金繰りに及ぼす影響は甚大で、早急に債権処理を図る必要があります。

このように、いくら利益が出ていても、回収不能な債権などが隠れている場合、いつまでたっても入金がかなわず、資金が不足し枯渇するという憂き目をみるのです。

資金繰り:資金不足は倒産につながることも

資金繰り:資金不足は倒産につながることも

企業が倒産するということは、銀行取引が停止になり、事実上の事業活動ができなくなることを指します。

銀行取引が停止になるには条件があり、不渡りを二度出すことを意味します。

不渡りとは、自社の振り出した手形や小切手等が交換されず、口座からその額面に表示された金額が引き落としされない状態を言います。

簡単に言えば、支払い能力がない状態になってしまったということです。

これが二度続くと、金融機関は取引を停止し、企業は倒産の憂き目をみることになります。

二度の不渡りと言いますが、事実上は一度でも不渡りを出した時点で、メインバンクは企業の資金繰りを相当注視しますから、この時点からイエローランプが点滅したようなものです。

もちろん、企業に相応の信用力や担保力があり、金融機関が資金繰りに窮した状態であっても、積極的に融資に応じてくれれば倒産は回避できます。

しかし、なかなかそれだけの資力を備えた中小・零細企業は少なく、とりわけ創業間もないような企業は、資金繰りに追われて倒産することが少なくありません。

倒産してしまえば、官報にその負債額や企業名・代表者名等が掲載され、次に会社を起こして再起を図ることは容易ではありません。

経営者たるもの、常に自社の資金繰りに注意を払うのはもちろんのこと、連鎖倒産を防ぐ意味からも、取引先の財務状況や資金の情報を入手するよう、努める必要があります。

また、支払期日を延ばすような依頼を受けたりした場合は、その会社に何か異変が起きたと想定し、不測の事態に備える準備と心構えが必要です。

資金繰り:売掛金の回収期日と買掛金の支払期日を変える

企業の資金繰りにおいて、売掛金と買掛金の兼ね合い、そして、従業員への給与のタイミングは極めて大事な部分となります。

売掛金を回収したタイミングで給与の支払いを行ったとしても、月末に買掛金の支払いが来てしまえば、運転資金が底をつく可能性があります。

また、売掛金がなかなかもらえないと、従業員への給与の支払いが出来なくなり、遅配ということになり、社員からの苦情、不満が出てくることにもなります。

こうしたことから、売掛金の回収、買掛金の支払いの期日を変えるというのも資金繰りの大事な要素となります。

まず是正したいのは、売掛金が入金されるよりも買掛金の支払いが早いというものです。

これだと、資金繰りが悪化しやすく、不渡りが発生しやすくなるなどの問題を抱えます。

倒産する企業の中には黒字であったり、まだ経営的に問題が進行しているわけではなかったりするところもありますが、買掛金の支払いが先に来てしまうことで、資金ショートを起こしてしまうというのが実態です。

このため、売掛金が先に支払われるような期日にすることが求められます。

取引先に対し入金を早めてもらう、そして、取引先への入金を遅らせるというのも使える手段ですが、こうしたことは信頼関係なしには成立せず、下手をすれば資金繰りがうまくいっていないという印象を与えることにもつながります。

このため、なぜそうしなければならないのか、取引先に説明できるようにしておくことが大切です。

資金繰り:借入金の返済に無理がないかチェックする

資金繰り:借入金の返済に無理がないかチェックする

 

企業における資金繰りとして、忘れてはならないのが借入金の返済に関するものです。

資金繰りでは、取引先からの入金と、借入金の返済における出金などが交互に来るため、このリズムが崩れると一気に経営状況が悪化する恐れがあります。

このため、借入金にあまりにも頼りすぎたやり方は経営にとってはマイナスであり、出来れば避けたい状況であることが言えます

それでも借りてしまったものは仕方がなく、目を向けるべきは毎月の返済額です。

この返済額に無理があると、ちょっとトラブルですぐに経営に影響を与えます。

このため、毎月の返済額をいかに減らすかが求められます。

方法として、元本を減らす、返済条件を緩めてもらう、返済能力を増やすなどがありますが、まずすべきことは元本を減らすことです。

減らし方としては、会社の財産を処分する、経営者などがいくらか出資をするなどですが、現実的なのは会社の財産を処分することです。

不動産があればそれを売却し、会社にある金目のものは全て売り払い、元本の返済に充てます。

返済条件の緩和として、一定期間金利のみの返済だけにしてもらうというのが現実的です。

簡単に倒産してほしくないと思うのは金融機関も同じことです。

他にも経費削減をして少しでも返済に回すなどをし、経営努力を行うことになります。

現時点で多少無理がある返済だとすれば、これらのことを行い、是正を図ることが第一であり、それらが経営者に求められています。

資金繰り:経営セーフティ共済に加入

日本では、資金繰りに悩んでいる企業が少なくありません。

経営者は、売り上げや利益に注目しがちですが、資金繰りにも目を向けることが大事です。

資金繰りが上手くいっていないと、利益が出ているのに資金が不足して、様々なトラブルの原因となることがあります。

資金繰りで困らないためには、事前に様々な対処方法を知っておくことも大切です。

支出を少なくすることで、資金繰りを改善するケースは多いのですが、設備投資など様々な理由によって多額な資金が急に必要になると、通常の資金繰りだけでは対応できないこともあるのです。

資金繰りに困らないための対処法のひとつが、経営セーフティ共済への加入です。

経営セーフティ共済は愛称で、正式な名称は、中小企業倒産防止共済制度と言います。

この制度は、万が一、取引先が倒産して売掛債権の回収が難しくなった場合に、必要な資金を借り入れできる制度なのです。

いざという時の資金調達手段として便利に使えて、取引先が倒産しなかった場合でも、臨時に資金の貸し付けを受けることが可能となっています。

運営基盤である独立行政法人は、国が全額出資しています。

加入できる企業は、業種により加入の要件が定められています。

毎月の掛金は任意で設定でき、掛金は全額経費にできるというメリットがあります。

さらに、1年分の掛け金は前納することができるので、決算期直前に決めることも可能なのです。

資金繰り:公的機関の資金・助成金の活用

多くの企業にとって、資金繰りは重要な課題です。

なかでも、中小企業や個人事業主など、十分な資金を調達することが容易ではないような場合には、金融機関からの融資だけでなく、公的機関の資金、助成金を活用することを検討してみる必要があります。

助成金の場合には、融資とは異なり、返還の必要がない場合が多いので、資金繰りに頭を悩ませている事業主にとっては、とてもありがたい制度です。

ただし、そのような助成金は、わざわざお知らせが事業主まで届くわけではありません。

どのような助成金があるのかについては、自分で情報を収集する必要があるのです。

そのためには、常に、調べることを心がけることが大切です。

市役所などに出向いて、パンフレット類を入手するのもよいでしょうし、最近では、インターネットのホームページから、そのような情報を手軽に閲覧することが可能となっているので、実際に市役所などに足を運ぶ時間がない人にとっても、ありがたいといえます。

気をつけなくてはならない点として、このような公的機関の資金、助成金などは、いつでもあるとは限らないということです。

また、自分が、その内容に該当しているのか、しっかりと確認することが大切です。

該当しているとしても、期日が過ぎていては、申し込むことができませんし、申請するためには、事業計画書など、多数の書類が必要となってきますので、それなりの準備期間を考えて申請するようにしたいものです。

資金繰り:金融機関とのつき合い方を見直す

資金繰り:金融機関とのつき合い方を見直す

 

企業にとって借入は資金繰りのためには欠かせないことですが、安定した資金繰りをしていくためには金融機関との付き合い方を見直すことが必要となります。

例えば、地元に根付いた中小企業などで多いのが、長年、その金融機関を利用しているからというような私的な感情だけで借入先を決めていることがあります。

確かに長年のつき合いというのは大事ですが、時代は移り変わっていくものですので、本当にその金融機関でいいのか、他に企業にとってよい金融機関があるのではないかという見直しを定期的に行った方がよいでしょう。

また経営者が意外とやってしまいがちなこととして挙げられるのが、必要な時以外に金融機関と連絡を取らなくなってしまうことです。

一度、借入をした後は決算書の提出だけをするだけで、資金繰りが苦しくなった時に慌てて金融機関へ足を運ぶというような経営者は少なくありません。

実はこれは非常に損をしてしまう行為ですし、金融機関から足元を見られてしまうことに繋がります。

これまで何の連絡もしてこなかった相手がいきなり頭を下げて融資を頼んでくるのですから、担当者にとってはそれほど不味い状況に陥っている会社だと判断されてしまうことでしょう。

そう判断されてしまうと、金融機関の方が立場が上になってしまいますので、納得のいく借入ができなくなる可能性があるのです。

ですので、お金を借りたい時には自らが赴くのではなく担当者に来てもらうのが鉄則です。

そして、決算期などは必要書類の提出だけをするのではなく、今後の借入を有利に行うためにも実際に金融機関に赴いて、会社の業績や概況をアピールする決算報告を担当者や支店長などにすることが大切です。

企業の資金ショートとは?

企業の資金ショートとは?

 

企業の資金ショートとは手持ちの資金がなくなることです。

手持ちの資金がなくならないように経営するのが当たり前のことですが、商取引では現金の受け渡しが即日ではなく、一定の期間があるため、現金が入るまでに、支払いが増え、資金ショートしてしまうようなこともありえます。

例えば、手持ち資金が少ない小規模の企業が顧客先に商品やサービスを提供した後に、顧客先が倒産します。

財務的には黒字ですが、決められた日に入るべき現金が入らなくなり、手持ち資金が少ないため資金ショートを起こしてしまいます。

企業の資金ショートは一時的であれば、資産の売却、投資家からの出資、金融機関からの融資などで、回避することもできますが、取引先の信用を損なう可能性があります。

取引先から信用を得られなくなれば、商取引が滞り、企業として利益を出すのが困難になります。

取引先からの信用を継続するためには企業の資金ショートは1度も起こさず、支払い期日はしっかり守ることが必要になります。

資金ショートにならないようにするには数年間は企業が継続できる程度の手持ち資金を確保し、手持ち資金が十分にあっても、無駄な経費を抑えるように常に努力することです。

また、多額な収益が期待できる契約を結ぶ場合、収益だけに注目してしまうと資金ショートになるリスクが高くなります

相手先が支払い能力があることをしっかり調べ、経費が想定以上になるリスクがあることを考えて、十分に検討する必要があります。

黒字企業でも起こり得る「資金ショート」

黒字企業でも起こり得る「資金ショート」

近年では、決算書上は利益が出ているのにも関わらず倒産する、いわゆる黒字倒産に陥る企業が増えてきています

その大きな現金の一つとして資金ショートがあり、現代における企業経営では非常に重要な概念です。

資金ショートとは、売上や利益が順調に出ている状態であっても、その裏付けとなる資金が入ってこないことによって経営が回らなくなることをいいます。

なぜこんなことが起きるのかといえば、それは掛取引などの信用取引が発達してきたことが大きな原因として挙げられます。

たとえば、商品を100万円分売り上げたとして、その代金は売掛金として後日支払われる予定だったとします。

この場合に、その代金受取日の前に支払う予定がある項目があるとすると、手元に現金がないので払うことができなくなります。

通常、企業が不渡りを出したり、借金の返済を滞らせたりしてしまうと、銀行や投資家をはじめとする利害関係者の信用を失うことになり、やがて資金調達などができなくなり、倒産に至ります

資金ショートを防ぐためには、収益や費用の管理のみならず、それを裏付ける現金収支の管理が非常に重要になります。

そのため、近年では特に社会的影響が強い大企業を中心に、現金収支を表すキャッシュフロー計算書の作成を義務化し、中小企業などでも、資金移動表や資金繰表などを作成するところが増えてきました。

一方で銀行や投資家なども、投資の判断に際して貸借対照表や損益計算書のみならず、キャッシュフロー計算書などで現金収支の安定性などを慎重に判断することが大切です。

資金ショート:税金・社会保険料の支払いを遅らせる

資金ショート:税金・社会保険料の支払いを遅らせる

中小企業では、資金ショートということが時折発生します。

この場合、支払いを遅らせるということが検討され、取引先への支払いを猶予してもらうなどのことが行われます。

その際、税金や社会保険料の支払いを待ってもらうというのも1つの手段となります。

中小企業が支払うポピュラーな税金は地方税や法人税です。

これらも延滞することが可能です。

もちろん延滞税が発生することになりますが、仮に延滞期間が短いものであれば、他の支払いに悪影響を与えるデメリットを考えれば決して高い出費とはなりません。

一方、消費税や所得税は延滞するとかなりの税金が発生することから延滞はできるだけしないようにするのがベストです。

いずれの場合も、役所に相談に行き、分納などの方策を教えてくれるので、そうしたものを利用するのも大切です。

社会保険料ですが、注意すべきは従業員から社会保険料のお金を天引きしており、会社の都合だけで簡単に滞納するのは問題であるというものです。

このため、安易に支払いを遅らせることは従業員にとって不利益を被る問題となります。

そうしたことから、社会保険料の支払いを遅らせたい場合は管轄の機関に出向き、相談をすることが必要です。

猶予してもらえるかどうかは経営状況にもよりますが、親身になって話を聞いてくれます。

いずれにしても、相談をすることが大事であり、自己判断によって支払いを遅らせるなどのことをすると大変な痛手を負うことにもつながります。

資金ショート:コスト削減はリスクが低く、すぐに実行できるものから

資金ショート:コスト削減はリスクが低く、すぐに実行できるものから

企業の資金ショートを短期的に解消する最善の策は、出費を抑えることにほかなりません。

家計で例えるなら、とにかくケチケチ作戦を実行し、お金を使わずに残す。この精神が何よりも大切です。

コスト削減を図ると言っても、突然、契約社員をくびにして人件費を浮かすということがいいかどうかは議論のわかれるところです。

大切なことは、先ずは自分たちの身の回りを見渡して、直ぐに実行できそうなものから対処していく姿勢が重要だと考えられます。

そのためには、車両運搬具や備品、消耗品と言った類からチェックをすべきです。

なかでも、社用車は大きくコストカットできる可能性を秘めています。

仮にセダンの社用車を使っているとするなら、すべてをワゴン系軽自動車に変え、ガソリン代・自動車保険・車検費などを徹底的に浮かすことが求められます。

また、買い替えにあたっては、10万キロ走行済みの軽自動車を中古車で購入するということも一案です。

10万円台で購入が可能です。

そのくらいして、利益を捻出する努力が必要なのです。

備品や消耗品にしても、新しいものを買うなどせず、すべてをリサイクルショップなどで調達し、余計なお金は使わないという徹底した精神を社員全員が持たねばなりません。

資金ショートは企業の命運を左右する一大事です。

これを回避するためには、極限までのケチケチ大作戦を実行し、資金繰りを良好に保ち続けなければなりません。

会社の宴会も、経費でおとすことなどせず、自分たちで300円弁当を買ってきてお茶を飲んで終わり。

これで十分です。

会社が軌道に乗るまで、贅沢と思われるものことは絶対に厳禁という掟をもって臨んでほしいものです。

資金ショート:遊休資産の売却で、手持ちの現金を増やす

資金ショート:遊休資産の売却で、手持ちの現金を増やす

資金ショートとは、売上や利益の裏付けとなる資金が企業に入ってこないことにより、経営が上手く回らなくなることをいいます。

最悪の場合には、利益が出ているにも関わらず倒産してしまう、黒字倒産に陥ることもあるので、現金収支のバランスを考えることは非常に重要です。

商品の売上や資金調達などによって得た資金は、新たに売るための商品や、その商品を作るための機械装置、あるいは営業を行うための土地や建物などに投下されます。

このうち、土地や建物、機械装置といったいわゆる固定資産に投下した資金は、減価償却や作った商品が売れることなどによって回収されることになります。

そのため、固定資産に投下した資金は、通常長い年月をかけて回収されるまで当該固定資産に拘束されることになります。

ここで、仮に使わなくなった固定資産が存在すると、そこに拘束されている資金は、一部の減価償却を除いて、通常の経営によっては回収されなくなります。

このように、使われなくなって遊ばせている資産を遊休資産といい、これは売却による方法でしか拘束されている資金を回収することはできません。

したがって、今後利用する可能性がある遊休資産と、利用する見込みのない遊休資産を分別し、利用しない遊休資産は早めに売却して資金を回収することが大切です。

遊休資産に拘束されている資金を回収することにより、その分を新たな投資に利用したり、支払い予定の項目に充てたりすることができ、企業の現金収支のバランスを整えることが可能になります。

資金ショート:つなぎ資金ならノンバンクの活用も検討する

資金ショート:つなぎ資金ならノンバンクの活用も検討する

企業の中には、一時的な入金の遅れや設備投資などで、急に多額の資金が必要になる企業も少なくありません。

そのような場合に利用するのが、つなぎ融資です。

つなぎ融資とは、企業の資金繰りのための一時的な融資のことです。

資金ショートを回避するために、つなぎ融資が必要になった場合の資金調達方法には、様々な方法があります。

融資というと、多くの人が思い浮かべるのが銀行からの融資です。

しかし、銀行で融資を受ける場合、審査が非常に厳しいのです。

さらに、審査にかかる時間も長いケースが多いです。

銀行の融資に比べて、比較的簡単に融資を受けられるのが事業者ローンです。

事業者ローンは、ビジネスローンとも呼ばれています。

事業者ローンは、審査から融資までの時間が短いため、急にお金が必要になった時に便利です。

融資を受けるときには審査がありますが、審査に通ると多額の融資を受けることも可能です。

事業者ローンには、銀行系とノンバンク系があります。

ノンバンクからの借り入れは、銀行よりも審査がスムーズで、審査の通過率が高いというメリットがあります。

資金調達の方法で、最近脚光を浴びているのがファクタリングですが、事業者ローンは、ファクタリングに比べると低金利になっています。

事業者ローンも、ファクタリングも、急に資金が必要になった時に活用することができる、便利な方法です。

つなぎのための資金調達方法を選ぶ場合は、将来のことを考えて、最も適切な資金調達方法を選ぶことが大切です。

資金ショートした時に会社を存続させるには?ファクタリングが便利

資金ショートした時に会社を存続させるには?ファクタリングが便利

企業が資金ショートしそうになってピンチのときは、なんとかしてどこからかお金を調達してこなければなりません。

資金繰りはまさに経営者の腕の見せどころです。失敗すると自分のところの会社が倒産するだけでなく、他の取引会社にも迷惑がかかる恐れがあるので、踏ん張らないといけません。

資金調達で一番はじめに考えつくのが銀行借り入れですが、銀行からお金を借りるのは手続きが色々面倒だったりするので、今日明日即座に現金が欲しいというときには頼りにならない場合があります。

ビジネスローンなどを利用するのも手ですが、銀行融資ほどではありませんが、審査に落ちることもあります。

もし資金がショートしそうになっているけれど、売掛金はたくさんあるというような場合は、ファクタリングを利用するのが便利です。

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却することをいいます。

売却に当たっては当然手数料などが引かれるので、入ってくるお金は売掛金の額面よりも低くはなります。

しかし、即座にお金を調達することができますし、銀行やビジネスローンからお金を調達してくるのとは違い利息などは付きません。

また、面倒な売掛金回収業務からも解放されますし、売掛金回収期日までにちゃんとお金が口座に振り込まれるか心配する必要もなくなります。

売掛金回収がうまくいかずに会社の運転資金がショートしそうになるという事態は、多くの経営者が頭を悩ませる問題ですが、ファクタリングを活用することで、このリスクをうまくコントロールすることができるようになります。

「つなぎ融資」とは何?どんな場合に必要?

「つなぎ融資」とは何?どんな場合に必要?

事業を営む上において、設備投資などに充てられる長期資金と、当面の手形決済なや給与支払い、あるいは仕入れ決済などに充てられる短期資金の調達が必要となります。

しかし、経常収支の赤字の連続や過大な設備投資などにより手元資金が枯渇してくると、なりふり構わずの資金繰りに追いまくられ、本来長期資金として確保しておかなければならない部分も短期の資金繰りに回さざるを得ず、俗にいう“自転車操業”という状態に陥りがちになります。

本来はこうなる前に、遊休資産の売却や長期借入金導入などの方法で長期資金足りうる原資を確保すべきなのですが、日々の資金繰りに追いまくられているとその機会を逸し、気づいた時には短期の資金繰りに窮し、苦悩することにもなりかねません。

そうした場合に、時間さえあれば十分相場価格で売却できる遊休資産や優良担保物件があっても、みすみす納得いかない価格での売却や抵当権設定を余儀なくされ、結果として損失を招くことにもなってしまいます。

このような場合には、時間をかけて十分な検討を経ての売却や借り入れ、あるいは投資回収の手段を講ずるための時間を稼ぐための手段として、「つなぎ融資」の必要性が生じるわけです。

企業経営においては、本来固定長期適合率や流動比率などの経営指標をすべからく管理指標として、資金需要と手配を怠らないことが重要ですが、とはいっても、生き物である企業経営はなかなか思うがままにはいかず、回収の遅れや不良債権化の恐れに常に注意を払っていても、そのリスクは生じてきます。

ですから、日ごろから必要な場合に使えるつなぎ融資の道を、いくつか用意しておくことも、経営者としての責務であるといえます。

つなぎ資金の調達に利用しやすい金融機関(ビジネスローン・不動産投資担保・手形貸付・ファクタリング)について

企業では、急にまとまった金額が必要になることがあります。

そのような場合に行うのが、つなぎ融資です。

つなぎ融資を必要としている企業は、銀行の融資のような事業計画を出して受ける融資とは違って、審査に時間をかけることができません。

ですから、銀行の融資よりも早く資金調達ができる金融機関を探すわけです。

迅速に資金調達ができると言われているのが、ビジネスローン、不動産担保貸付、手形貸付、ファクタリングです。

ビジネスローンは、無担保で事業性資金の融資を受けることができます。

ただ、赤字決算であると、審査を通らないこともあります。

保有している不動産がある場合は、融資を受けやすい不動産担保貸付があります。

高額な融資も受けやすく、長期の返済が可能な場合も多いです。

不動産という担保があるため、連帯保証人の必要もありません。

すぐにでも融資を受けたい場合、手形貸し付けを選択するケースも少なくありません。

手形貸付は、自社の手形を振り出し、担保にして融資を受けます。

自社手形の振り出しであるため、手続きが簡単です。

手形貸付は、短期の資金調達に使われることが多いです。

ファクタリングは、ここ数年で大きな注目を集めている資金の調達方法です

ファクタリングは、売掛金をファクタリング業者に売却して資金を調達するため、審査も簡単で、即日の資金調達も可能です。

最近は、様々なメリットがあるファクタリングを上手に使って資金調達を行っている企業が増えています。

つなぎ融資:ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、中小企業・個人事業者を対象としたローン商品のことです。

これは、事業資金が必要となったときに便利なサービスであり、借入金の使い道が“ビジネス”つまり事業目的に限定されている点において一般的な無目的ローンと大きく異なります

このビジネスローンは、あくまでビジネスのために提供されている融資サービスであり、借りた資金の使用用途は「つなぎ融資」や「設備投資」といったビジネス関連に限られるのです。

また、ビジネスローンには、そのほかにも比較的に金利が低く設定されている、融資までのスピードが早い、借入期間に融通が利きやすいといった特徴があります。

ただ、ビジネスローンと一口にいっても、銀行・クレジットカード会社・消費者金融・ビジネスローン専用業者などから提供されている様々なビジネスローン商品の内容には違いがあり、一様ではありません。

中小企業・個人事業者向けであり、資金の使用用途がビジネス限定なことはどれにも共通していますが、「金利」・「借入限度額」・「保証人の有無」・「担保の有無」・「借入条件」などサービス内容にはかなりの差があるため、ビジネスローン利用の際には必ず複数の商品を比較し、そのなかからベストなものを選ぶようにすることが大切です。

なお、ローン利用にあたっては「総量規制」の問題が気になる方も多いかと思われますが、事業への貸付はその対象外となるため、ビジネスローン利用において総量規制の心配は原則として必要ありません。

つなぎ融資:不動産担保貸付とは?

つなぎ融資:不動産担保貸付とは?

 

不動産担保貸付とは不動産担保ローンとも呼ばれているもので、土地や住宅、ビルなどの不動産を担保にして、お金を借りる方法です。

資産価値の高い不動産を担保にすることから、低めの金利に設定されやすく、多額の融資を受けられるメリットを持っています。

個人の場合だと住宅の売買における「つなぎ融資」で利用できるのが便利です。

企業向けであると売掛金の回収までの間の資金を必要とする場合などで、不動産担保貸付が役に立ってくれます。

売掛金は相手が支払いの約束をしたに過ぎず、実際にはまだ現金を受け取っていない状態です。

実際の支払いまである程度の日数がかかりますので、それまでの間はせっかくコストをかけて納品しても、その対価が手元になく、事業の効率が悪くなるリスクを持ちます。

この空白期間を埋め合わせるように、一時的なつなぎに使えるのが、法人や事業者向けの不動産担保貸付になります。

法人向けの不動産担保貸付の場合には、法人として所有する不動産を担保にするのが基本です。

不動産担保貸付を取り扱っている金融機関により審査が行われ、無事に認められるとお金を借りることができます。

そのお金で別の取引先から仕入れたり、借金の返済や従業員への給与の支払いなどに充てる工夫ができるようになります。

短期間の借入れですから、利息の負担を抑えやすく、売掛金を回収した時点で素早く返済することができるでしょう。

企業による事業の効率化をはかるためにはとても便利な存在です。

つなぎ融資:手形貸付とは?

つなぎ融資における手形貸付とは、借用証書の代わりに借入側が約束手形を銀行や業者に振り出し、銀行や業者は手形金額を融資するというシステムです。

手形貸付には、いくつかのメリットがあります。

まず、融資審査が比較的甘い業者があるという点が挙げられます。

また、審査や入金までにかかる時間が短い傾向にあるというメリットもあります。

しっかりと返済すれば、繰り返しの融資も可能であるという喜ばしい点もあります。

更に、一括返済と中途返済について、都合の良いほうを選択できる点も便利です。

スピード融資が期待できる手形貸付は、運転資金のつなぎ融資として最適な資金調達方法になっています。

手形貸付が利用されるシーンとしては、中小企業の建設業者などの事例があります。

例えば、工事の受注が決定していても、入金までに時間がかかっている場合があるとします。

このケースでは入金が終わっていないため、機材や資材にかかる費用や外注費などの支払いに追われることになります。

このように、売上が見込まれている状況でも、運転資金に余裕がない場合には資金ショートになる可能性が高まります。

この資金ショートという事態を避ける目的で、手形貸付が利用されます。

企業が目の前の受注を円滑に回したい場合においては、手形貸付はとても頼りになる資金調達方法です。

仕事はある状態でも、資金が不足しているというだけで会社が倒産してしまう可能性があります。

このような最悪の事態を回避するため、手形貸付というシステムが効果的に利用されています。

つなぎ融資:金融機関に銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

つなぎ融資:金融機関に銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

企業にとって、つなぎ融資は大切なものです。

これまでは資金調達といえば銀行からの融資でしたが、最近は、ファクタリングが人気を集めています。

ファクタリングは、アメリカで開発された仕組みで、未回収の売掛金を専門業者が買い取るサービスです。

日本では、1970年代に登場しましたが、日本には手形取引があったため、あまり普及しなかったのです。

しかし、バブルが崩壊した後は手形取引が少なくなったこともあり、ファクタリングが再び注目を浴びるようになったのです。

インターネットが普及したこともあり、最近では数多くの専門業者が登場しています。

企業間の取引は、一般的に現金ではなく、掛売による取引となります。

売掛金は、支払期間が長い場合、なかなか現金化できないため、資金繰りに困ることがあるのです。

ファクタリングを利用すれば、比較的簡単に資金の調達ができることから、日本でも話題となっているのです。

銀行から融資を受ける場合、経営状態が重要視されます。

しかし、ファクタリングは融資ではないため、審査が通りやすく、さらに担保も不要なのです。

また、キャッシュフローを正常化できるというメリットもあります。

売掛金を売却することにより、必要な資金を調達でき、支払い金が不足した時でも対応することができます。

そのため、銀行などからの融資を受けられなかった企業が、ファクタリングを利用しているのです。

最近では、利用会社の信用だけで買い取りを行う2社間のファクタリングも多くなっています

資金調達:経営者なら抑えておきたい会社のキャッシュを増やす方法(資金調達)

資金調達:経営者なら抑えておきたい会社のキャッシュを増やす方法(資金調達)

経営者の頭を悩ます一番の悩みの種は資金調達であることは会社の大小、業種を超えて共通しています。

特に創業して間もない会社や、中小企業では、資金調達が滞り、キャッシュがショートするとあっという間に経営が傾いてしまいます。

せっかく積み上げてきたものがキャッシュが廻らなくなったことによって崩れてしまうことがよくありますので、まずは経営者であれば当然のことながら自分の会社のキャッシュフローがどうなっているのか適格に知っておくことが大切です。

まずは経営者自身が自分の会社の財務状況を理解していないと、融資をお願いに行ったり、無駄な固定費を削ろうとしても、判断をしたり、融資先からの質問に適格に答えることが出来ません。

立場を変えて自分が融資先の金融機関であった場合に会社の財務状況を理解していない経営者に追加融資を検討したくはないでしょう。

資金調達をしたいのであれば、まずは財務状況を見直し、無駄な固定費や、支払っている税金の状況を再度確認し、利益を増やすように努力をする必要があります。

利益が上がってきた会社には、金融機関の方から追加融資の話しを持ってきます。

もちろん、財務状況からすぐにキャッシュは必要ないという場合もあるでしょう。

しかし、特に個人投資家などは繋がりが大事な融資先です。

もしもご縁があって先方から声をかけてもらった場合には、先々どこかでお世話になるかもしれませんので、関係を継続させる努力をして損はありません。

企業の資金調達方法:個人投資家

企業を担う会社経営者にとって、資金調達は頭の痛い問題です。

会社が上手くいっている場合には、資金調達の必要性など考えないものでしょう。

しかし、一度経営が傾いてしまったり、創業仕立ての会社で銀行の融資がなかなか下りずに、まとまった資金の調達が出来ないと頭を抱えている経営者は少なくありません。

資金の調達方法としてはもしも担保に出来るような不動産や他社にはない秀でた技術がないような場合、個人投資家から資金調達できないか検討してみましょう。

日本では銀行が融資を行う事が企業向け融資では一般的であり、個人の方が企業に資金を提供するというフロー理解され難いのですが、個人投資家は創業仕立ての企業にとっては特にありがたい存在になります。

個人投資家自身が多くの場合に自身の会社を経営しており、会社経営の知識と経験を多く持っています。

創業仕立ての会社にとって、これからどのように企業運営を行えば会社が軌道に乗るのかアドバイスを受けるチャンスも得られるのです。

投資家自身も、見込みのないビジネスに大切な資金を投入することはしませんので、個人投資家の目に留まるということ自体がまず第一関門を突破したということになります。

まず個人投資家に出会う為に色々なセミナーや会合に出て人脈を広げてください。

そこで経営する会社の特徴や強みをアピールすることで、徐々に投資家の方の目に留まるようになります。

個人投資家の方の世界は、人脈が物をいう世界なのです。

資金調達方法:国民政策金融公庫(創業融資)

現在の日本では、経済が停滞していることから、国民は将来に不安を抱えています。

デフレの状態が長く続いていることから、景気回復のためには、お金が良く回る状態を作っていかなければなりません。

そこで政府は、さまざまな施策を打ち出し、どうにか景気が回復するきっかけを作ろうとしているのです。

その施策のひとつが、起業家を増やすための措置です。

起業家が増えることで、資金を使うため、お金回りが良くなる助けとなるのです。

起業を考えている人にとっては、資金調達を実現することで、創業することが可能となります。

しかし、どんな企業にも創業融資を認められるわけではありません。

企業は事業計画書を作成し、国民政策金融公庫に持ち込み、これから展開しようと考えている事業についてプレゼンテーションをします。

その内容が、充分利益を出して、持続的に経営ができる可能性が高いものであるか審査をされるのです。そのため、説得力が必用となります。

事業計画書を作成するときには、これから展開を考えているサービスや商品について説明をする他に、外部環境や内部環境から、市場に投入しても消費者に選んでもらえるということを示唆します。

さらに事業収支計画を立てて、どのような収支を予定しているのか、資金調達は充分にできるのかなどを示します。

また、年間の計画書なども必用となります。

このプレゼンテーションによって、実現性が認められることで、資金調達ができ、創業することができるようになるのです。

企業の資金調達方法:友人や知人、親族等

企業の資金調達方法:友人や知人、親族等

企業の資金調達には様々な方法が挙げられますが、その中でも特に手数料や利息などのコストが低い資金調達の方法を選ぶことが望ましいです。

究極の方法としては、外部からの資金調達に頼らず、企業内の貯蓄である内部留保を用いることですが、それですべて賄える企業は皆無に等しいでしょう。

そこで、次にコストが低い資金調達の方法として、親族や友人などから借り入れる方法が挙げられます。

一番のメリットとしては、たとえば銀行から借り入れる際の利息、株式や社債を発行する場合の配当や利息など、通常の資金調達から起こり得るコストがゼロであることです。

また、銀行融資や株式発行などは様々な手続きが必要であり、場合によっては長い期間がかかってしまいます。

その点、親族や友人などからの借り入れによれば、早くて即日に調達することができるので、非常に機動的ということも魅力的です。

特に、経営に関する意思決定のスピードが重要視される昨今においては、経営をより有利に展開するために大切です。

一方のデメリットとしては、一度に多額の金額を期待することができないという点です。

よほどの資産家ではない限り、数千万円や数億円といった資産を即時に融資してくれる個人はなかなか存在しないので、大型のプロジェクトや投資の意思決定には不向きといえます。

このように、企業の資金調達において親族や友人などから借り入れることを考える際には、メリットとデメリットのバランスを考えて、慎重に行うようにしましょう。

資金調達方法:信用保証協会(制度融資)

中小企業が事業資金を調達する方法の一つに、銀行や信用金庫などの金融機関を経由して信用保証協会の保証を付け、資金の融資を受けるものがあります。

信用保証協会は全国47都道府県のほかに、名古屋市・横浜市・川崎市・岐阜市の4市に存在し、中小企業の資金調達を円滑化することを目的としています。

機関の形態としては、国の特殊法人という位置づけで、信用保証協会法に基づき設置されています。

保証協会は、地方自治体などが執り行う制度融資と呼ばれる公的融資に対する保証と、銀行や信用金庫のオリジナルの融資に対する保証、大きく分けるとこれらに対する保証をしています。

いずれのメニューを選択するかは、中小企業と金融機関が話し合い、利率や返済期間、資金使途などを総合的に勘案したうえで決定することになります。

金融機関の側からすれば、制度融資を利用することにより、資金の返済が困難になった場合でも、銀行が被るリスクが軽減されるというメリットがあります。

したがって、小規模な企業ほど、制度融資の利用を勧められるケースが多いのが一般的です。

制度融資の特徴は、長期の貸付期間を設定し、短期プライムレートなみの低金利であること、固定金利が採用されているというがあげられます。

最近の実績としては、信用保証協会の利用は全国的に減少傾向にあります。

その理由は、銀行や信用金庫からのプロパー融資の伸びが著しいことによります。

保証協会を利用すれば、信用保証料がかかりますし、金融機関側も資金が潤沢になっていることがその理由です。

企業が資金調達をするうえでは、どちらが自社にとって有利でメリットが大きいかを十分に検討することが大切です。

資金調達方法:ベンチャーキャピタルからの出資

企業が資金調達をする場合、たいていの場合は金融機関から融資をしてもらうことになります。

しかし、金融機関の多くは決算書などを重視するため、資金の部分でしか判断をしてくれず、成長性などは軽視される傾向にあります。

このため、資金調達をしたくても出来ないような企業、特にベンチャー企業などは多く存在します。

そうした時におすすめなのが、ベンチャーキャピタルからの出資です。

ベンチャーキャピタルは決算書はそこまで重視せず、成長性や企業の事業内容、経営者としての資質をかなり重視し、出資を行います

出資したことで自分たちが儲けられるのかという部分が注目されるため、ベンチャーキャピタル側も真剣です。

本来であれば、株式が公開されている会社に出資するのがいいですが、それよりも公開していない会社の方がより多くの資金を回収できることからベンチャーキャピタルは成長性を厳しく見ます

仮にベンチャーキャピタルに出資をお願いする場合、成長性が明らかに分かるような指標を用意しておくことが求められます。

様々な経営指標を用意し、どの角度から指摘されても受け答えができるばかりか、今後どのような会社にしていくのか、その経営ビジョンを語ることのできる状態にしておくことが必要です。

そうしないと、出資をしても無駄に終わると思われてしまうからです。

金融機関から融資をしてもらう以上に大変ではあるものの、アドバイスなどをしてもらえることもあるため、プラスに働くこともあります。

資金調達方法:助成金・補助金

企業が資金調達する方法の一つに、国や地方自治体・商工会議所などの助成金・補助金を活用するという手法があります。

これは融資と異なり、返済の義務はまったくありません

しかしながら、補助金等の申請書・計画書はもとより、事業が完了した後の報告書など、提出すべき書類が相当あることを念頭に置いておく必要があります。

なかでも、事業計画書などは相当丁寧かつ正確に作成する必要があり、とても素人の手に負えないレベルのものが要求される場合があります。

そうした際には、行政書士や税理士・社会保険労務士の中には、補助金等の申請を専門に取り扱っている方々がいます。

費用はかかりますが、そういった方に書類等の作成を依頼するのも、賢明な手段のひとつと考えられます。

さて、国や地方自治体が行っている補助金には、女性を一定規模雇用している企業に対する補助、先進的な機械設備を購入する場合に対する補助、障害者などを雇用している企業に対する補助などさまざまであり、自社がどの制度を活用できそうか、国や自治体等のホームページをよく調べ、担当する部署に確認することが必要です。

あるいは、前述の専門家のアドバイスを受けるのも有効な方策です。

また、補助金を受ける際に留意したい点として、他の補助金の交付を受けないことなどが要件とされている場合がありますので、この点についても注意を怠らないようにしたいものです。

二兎を追って一兎をも得ずという最悪のケースを招く場合があり得ます。

いずれにせよ、資金調達をするうえで、助成金・補助金は高く評価されている制度です。

十分に吟味し、企業の活性化に役立てたいものです。

資金調達方法:仕入先との交渉

事業計画をきちんと立てた企業でも資金調達をしなければいけない場合も出てきます。

見通しの甘さなどから業績の悪化はもちろんですが、ここで事業を拡大したいというようなチャンスの時でもまとまった資金が必要となります。

このような時の資金調達法は様々、考えられますが、見落としがちなのが仕入先との交渉です。

商売の基本は、まず仕入をして、その商品を販売した代金と仕入代金の差額が利益となるものですが、実際の流れは販売代金よりも先に仕入代金を支払う必要があるため、支払い期日と販売代金の回収期日の日数分のタイムラグが生じて資金繰りに影響を与えてしまうこととなります。

つまり、このタイムラグを考慮して、毎月の支払い期日を当月ではなく翌月に設定することができれば、1ヶ月分の資金調達をすることも可能なのです。

このように支払時期は事業の資金繰りに大きな影響を与えるため、新規の仕入先であれば手付金や前渡し金などの仕組みも利用して、支払時期の取り決めを有利に進めていくことが重要です。

また既存の仕入先には、こちらの資金繰りが厳しいのではないかという不信感を抱かせてしまわないように気を付ける必要がありますが、契約後だからといって交渉の余地がないわけではありません。

どちらかの負担が大きくなってしまうことがないようにバランスを考えた上で、現在の契約から支払時期の繰延べや分割払いなどに変更する交渉を持ちかけてみるとよいでしょう。

資金調達方法:売掛金の早期回収

企業の資金繰りに不安が生じてきたとき、融資の増額などよりも先に行うのが売掛金の早期回収です。

資金調達の方法としては比較的ローリスクで行うことができるものです。

もっとも相手の気分次第で会社に大きなダメージになる可能性もありますが…。

売掛金の支払いのタイミングは、取引が始まるときにルールを作るものですが、取引開始時は立場的に取引先の方が上です。

もちろんお客様ですので、立場が上であることは変わりませんが、長く取引をするうちに取引先にとっても重要なビジネスパートナーになるものです。品質、価格、どこかに他社を凌駕するものがあるからこそ、長い取引を続けられるのです。

取引が終了することは、取引先にとっても損失になると考えられますので、会社の資金繰りが悪化している事情を話し、早期回収の協力を依頼すると、成功することは割と多いです。

ここでの注意は、あくまでも資金調達のための一時的なもので、会社の根底が揺らぐことは無いという意見を述べておくことです。

相手を安心させるフォローが無ければ、倒産や取引の停止後について考え始めてしまいます。

また、早期回収に応じてくれた見返りとして、さらなるサービスが必要になってくるでしょう。

資金調達に有効な方法ではありますが、弱みを見せる点で、企業間の信頼関係に多かれ少なかれ悪影響を及ぼすものであるという自覚が必要です。

しかし上手くいけば不利な条件での融資に頼らなくてよいメリットがあります。

資金調達方法:顧客の前払金

企業が資金調達を行う場合には、一般的に金融機関から資金を借りる方法があります。

しかし、資金調達については、金融機関から借りる方法しか無いわけではありません。

違う視点による資金調達の有効な手段としては、顧客から前払金を受けるという方法があります。

サービス内容によっては、前払金の受け取りが困難になる場合もありますが、顧客に前払いをしてもらうことで、キャッシュを増やすことが可能です。

前払金の額については、企業が取り組んでいる事業やサービスが大きく影響します。

他社と差別化されている優れたサービスを提供している企業に対しては、全額を前払いしてもらえるケースがあります。

事業やサービスがありふれているものであれば、事業資金として必要な額のうちの半額か、それ以下の前払金になってしまう可能性があります。

資金調達のためには、将来性のある事業を推進することが重要です。

顧客が驚愕するほど画期的な事業やサービスに取り組むことで、顧客からの期待が高まり、前払金として出してもらえる金額が大きくなると考えられます。

顧客から多くの前払金を受けるためには、良い交渉を行うことも大切です。

交渉次第で、前払金の額が大きく変動します。

サービスを充実させ、顧客と上手く交渉することが、多くの前払金を受けるための秘訣だと言えます。

前払金を依頼している企業は少ないという現状にありますが、しっかりとしたビジネスプランを顧客にアピールすることで、大きな前払金の受け取りが期待できます。

資金調達方法:必要性の無い資産の売却

資金調達方法:必要性の無い資産の売却

資金繰りに苦しんでいる企業には往々にして不稼働資産を大量に抱えながら流動資産が少ない、つまり流動比率が低いという傾向が見られます。

対策としては利用していない資産を売却し資金調達を行うという方法があります。

もちろん本業に利用している資産、収益を生み出している資産は売却対象から除外します。

不稼働資産を売却することによりたくさんのメリットが生じます。

まず第一に上記に示したように現金が入ってきます。

次に資産の維持管理コストが節約できます。

例えば遊休不動産を持っていれば固定資産税、草刈費等が発生しますがそれらの費用の削減につながります。

さらに貸借対照表上では自己資本比率の改善という効果も現れ、同時に総資産経常利益率も向上します。

これらの数値が貸借対照表上で改善すれば、金融機関からの融資が受けやすくなります。

資産の簿価が高かった場合、売却時には損失が発生します。

場合によっては赤字決算に陥ることもあります。

しかし、一度決算で赤字を計上しても入手した現金で収益不動産物件を購入したり、有利な金融商品に振り向けたりすることで利益の底上げが図れます。

また本業に成長が見込まれたり、または新たな投資により競争状態から一歩抜け出せるといった状態であるならば、思い切って本業に投資をすることによりさらなる成長、競争相手との差別化を図ったりすることが出来ます。

このように、経営を透明化し効率的にするには必要性のない資産の売却は有効な手段と言えます。

資金調達方法:ファクタリングとは?中小企業の売掛金を現金化して返済のない資金調達サービス

資金調達方法:ファクタリングとは?中小企業の売掛金を現金化して返済のない資金調達サービス

企業の資金調達方法の一つとしてファクタリングという方法があります。

これは、売掛金、売掛債権を現金化する方法です。

どんな会社であっても、顧客との取引において、売掛金というものが発生するでしょう。

万一、自分の会社は全ての決済が現金払いのみであり、売掛金というものは一切発生しないという会社であるとすれば、このファクタリングというサービスでの資金調達は該当しないことになるのですが、基本的にそのような企業はまず存在しないはずです。

一般的にこのような売掛金は、いずれはきちんと支払いがなされて現金化されるはずですが、そこにはタイムラグがあります。

このタイムラグは常に企業経営者の頭を悩ませるところで、資金繰りが苦しいとか、資金繰りが大変だというような経営者の言葉は、この売掛金が実際に現金化されるまでの間、自分の会社には現金として入ってこないという悩みからきています。

ファクタリングでは、この売掛金をその場で即座に現金化します。

つまり、売掛債権を買い取ってくれるのです。

これにより自社の商品やサービスが売れた後、実際に現金が会社に入ってくるまでのタイムラグを無くすことができ、資金繰りが楽になるという大きなメリットがあります。

もちろん、このようなファクタリングサービスを無料で行ってくれるはずはなく、売掛金の回収までの期間、あるいは売掛金が回収できなくなるリスクに応じて一定の手数料がかかってくることにはなります。

ただ、それでもファクタリングのメリットは極めて大きく、最近ではファクタリングを活用する中小企業が大幅に増えています

10秒カンタン無料診断で~3億円の資金調達が可能!

・銀行から融資を断れた、借りられなかった方でも大丈夫
・カードローンやビジネスローンの審査に落ちた経営者資金調達手段
・赤字決算・債務超過税金滞納中、信用情報ブラックでもOK!

こんな方(法人)でも大丈夫!

【注意事項】
・事業資金専用のサービスです
・100万円以上の売掛金が必要です